Macのゴミ箱が削除できない時の対処法

ゴミ箱に移動した後、ゴミ箱内を完全に削除するには

ゴミ箱をクリックし、中身を表示させた後
ゴミ箱削除

をクリックすれば通常は削除できますが、

ゴミ箱内のファイルにロックがかかっている場合これだけでは削除できず、

何度も繰り返し同じことをやってイライラしたことはありませか?

そんな時はロックされているファイルやフォルダのロックを外せばいいのですが、

大量に入っている場合、一つ一つロックを外すのは面倒ですし、どれがロックがかかっているのかもわかりません。

そんな時はちょっと手間ですがこんな方法がありますのでご紹介します。

①ターミナルを開きます。(アプリケーションのユーティリティフォルダの中にあります。)
スクリーンショット 2015-07-25 19.41.38

②次のコマンドを手打ちします。(これをそのままコピペしてください)
chflags -R nouchg

ただし、最後の文字、gの後に半角スペースを1つ入れておいてください。また、まだreturnキーは押さないでください。

③ゴミ箱を開き、 コマンド+A で全てを選択します。

④選択したファイルを先ほどのターミナルに打ったコマンドの最後にドラッグアンドドロップします。
 そしてreturnキーを押してください。特別なメッセージが出なければ解除できています。

⑤最後にゴミ箱の『ゴミ箱を空にする』または『確実に空にする』をクリックすれば完了です。