iPhone7,7Plus、国内売上昨年比42%減

[adsense]

今年9月16日に発売された「,7」の日本での売り上げが低迷しているとの情報。

大手家電量販店で「昨年より42%」という結果が出た。

 

理由は先代の6s,6s Plusとほぼ同じフォルム、一般消費者に対しての大きな変更点はSuicaに対応、また望遠レンズを搭載(Plusのみ)しただけ。

 

ヘッドフォンジャックを無くした分本体は薄くなったが、筆者のiPhone6s Plusは原因不明の「湾曲」状態になり、時間が経つにつれて亀裂まで入ってしまい買い替えを余儀なくされた。

それよりも薄い7Plusは明らかに強度に問題があるのではと考えられる。

 

スマートフォンの全体的な普及も影響しているであろうが、今回の7,7Plusに関してはAppleの大きな誤算となっただろう。

 

すでに「来秋は7sではなく8が発売される」など次期iPhoneは大幅な変更がなされるという噂が飛び交っているが、あくまでも噂に過ぎない。

Appleはその独裁的経営手法から極力新製品についての情報公開は発売直前まで控えているが、スマートフォンの先駆者であり、今なおリードし続ける立場のAppleはどこまで先を見通しているのだろうか。