FX開始

口座開設

 

まずはどこの証券会社にしようかというところから悩みました。いろいろな比較サイトを見たり、本を読んだりしたのですが専用用語ばかりで何が何だかわかりません。

なのでとりあえず以下の3つ証券会社に口座を開設したので、
その特徴と一緒に表にまとめてみました。

 

取引会社名最低入金額最低トレード額リアルタイム入金可能銀行出金手数料
GMOクリック証券50000円10000通貨ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ゆうちょ銀行
楽天銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
イオン銀行
セブン銀行
無料
YJFX!30000円1000通貨ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ゆうちょ銀行
楽天銀行
イオン銀行
セブン銀行
無料
SBI FXトレード
SBIFXトレード
5000円1通貨オンライン取引できるほとんどの銀行
こちらでご確認ください。
無料

 

この表をご覧の通り、ど素人目の基準になっていることがわかると思います。

本来ならスプレッドを入れるはずですが、「業界最安値!」とか言われてもこの時はよくわからなかったんです。

 

そこで次に何をしたかというと、カスタマーサービスに電話しました。

「初めてなんですけど、できるだけ詳しく教えてくれますか?」と。

 

結果はSBIが一番丁寧でわかりやすく説明してくれました。他の2社は若いお兄さんとお姉さんで、言葉の節々に「そんなことも知らないの?」というのが感じられましたので。

 

なのでまずSBIで始めようと決めました。

 

差し当たり10万円を入金して、USD/JPYから始めて様子を見ました。

 

取引自体は簡単で、安い時に買って高い時に売る、または高い時に売って安くなったら買う。

 

ところが簡単には儲けは出ませんでした。

「これから高くなるな。」と予測したところ、下がる一方になったり、逆に「これから下がるな」と思うと上がり続けたり。

 

最初はかなりの損失が出ました。

というかビビってました。

損益が「-16000」と出ると「これ以上そんは出せない!」と思って損きりしていたんです。

 

でもそうじゃ無いんですね。

 

落ち着いて考えれば損失を最小限に、または利益にすることも可能なんです。

 

詳しくは今後の投稿でお話ししますね。