企業として絶対やってはいけないこと。

「給与が予定の19日に振り込まれなかったとして、

社員8人全員が同日付で退職願を提出、20日以降出勤しなくなったのが原因で、

自社番組が放送できなくなった。」

これは三重県鈴鹿市のコミュニティーFM局「スズカ・ボイス」での出来事で、

22日には振り込んだが、振り込めなかったのは社員が手続きをしなかったため、

と弁明していますが、酷い話だなと感じたので掲載します。

給与の支払いシステムは会社によってまちまちだと思いますが、

予定していた日に支払いが遅れるとなると、まず社員は会社への信頼を失い、かつ生活での支出ができなくなります。

これは個人に対してだけではなく、企業間の取引にもいえる事で、

絶対にやってはいけないことだと思います。

往々にして個人事業主である企業にはよくあると訊いていますが、そんなこと1回でもされたら辞めたくなるのは当然です。

雇用者は労働者に対して不安をあおるようなことは絶対に避けるべきです。
(こういう企業がどんどんつぶれていくのでしょうが。)