アニメの制作費に驚愕!1話辺り200万から1000万!

[adsense]

なんとなく興味で調べてみたら、
現在では30分アニメを1話制作するだけで最低でも1000万円はかかると言われており、更にここに宣伝費などの広告費が入ってくると倍近くまでかかるそうです。
1話あたり最低2000万円と仮定しても1クール(13話)で2億円は余裕で超えます。

アニメ制作にかかる費用はアニメを描く原画スタッフや撮影スタッフへの賃金支払いに加えて、それらを統括する監督や脚本、制作進行などへの賃金…そして声をあてる声優さんへのギャラといった音響面への支払いがあります。

深夜アニメ、特にUHF局で放送される作品ではTV局側からの制作費が出ないことが多く、必然的にコストカットを迫られるために起用する声優に若手が多い…といった現象が起きています。

誰もが知るような超ベテラン声優を起用している深夜アニメがあったのならば、かなり制作費を使っているアニメだと推測できますね。

「エヴァンゲリオン」の制作費は1ヵ月約2500万円でした。それは放送局にお金を渡さないで済む方法をとったからです。「エヴァンゲリオン」では、制作委員会という組織を作り、そこに放送局を通さずにスポンサーから直接お金を集める仕組みにしました

1話2500万円ではなく1ヶ月2500万円というのは時代を考えても驚異的です。

今では当たり前のようになった「製作委員会方式」はこの「新世紀エヴァンゲリオン」でアニメ界に広まったシステムであり(システム自体はエヴァ以前にも存在していました)、現在の深夜アニメでもスタッフロールの後に○○製作委員会と目にする機会は多いです。

TVアニメの制作本数増加は、この製作委員会方式が広まってアニメ制作が失敗した時のリスクマネジメントができるようになったから、という点が非常に大きいと言われています。

それにしても破格の値段。

ドラゴンボールやワンピースは製作委員会方式を取っていないので、果たしてどれだけかかってるんでしょうね。

びっくりしました。